1 / 15

  • モデル身長181cm ブラック着用

  • モデル身長181cm ブラック着用

  • モデル身長181cm ブラック着用

  • モデル身長165cm ブラック着用

  • モデル身長165cm ブラック着用

  • モデル身長170cm カーキ着用

  • MA19-ブラック / M

    ブラック

  • MA67-カーキ / M

    カーキ

マトウ レザー コート

¥148,500 (税込)

COLOR

  • MA19-ブラック / M
  • MA67-カーキ / M

※こちらの商品は、オンラインストア、ERIKO YAMAGUCHI東急プラザ銀座店での取り扱いとなります。詳細はこちらをご覧ください。

※こちらの商品のブラックは、1月下旬の入荷を予定しております。ご購入いただいたお客さまには商品が入荷次第、順次発送いたします。

DESIGN

身体に寄り添うような柔らかさが特徴的なユニセックスのコートです。 昨年からご好評いただいている人気モデルをレザーで仕立てました。
しなやかさと軽さにこだわったレザーは、バングラデシュにあるマザーハウスの自社工場で新たに開発。 落ち着いた印象のブラック、カーキの2色展開で、マットな質感はカジュアルにもキレイめにも合わせていただけます。
程よい厚みで秋の羽織としてはもちろん、ジッパーの開け方や、襟をたてるか・折るかによっても印象が大きく変わるため、その時々の着こなしをお楽しみください。


MATERIAL

マトウレザー

ERIKO YAMAGUCHIのアパレルアイテム用に、マザーハウスの自社工場があるバングラデシュで新たにレザーを開発しました。身体に馴染むよう薄く仕立てておりしなやかさと柔らかさ、シックな表情のマットな質感が特徴です。時間の経過とともに増す本革ならではの風合いや、感触などの変化もお楽しみください。


SIZE


サイズ ①着丈 ②裾幅 ③裄丈
M 82cm 72cm 81.5cm

・衣類は全て平台に平置きし外寸を測定しています。
・同商品でも、生産の過程で1~2cmの個体差が生じる場合があります。

SPEC

素材 表生地:牛革
裏生地:ポリエステル100%
アテンション 天然の皮革を使用しているため、一つの商品の中でも部位によって革の質感が異なる場合や、革の元々の傷が目立つ場合があります。天然素材の特徴として、一点ごとに異なる表情をお楽しみください。また、着用を続けることで、腕回りなど動きの多い部分は徐々に革が柔らかくなっていきます。
レザーの特性上、温度変化によって質感が変わる場合があります。保管の際には、季節によって温度変化が大きい場所などは避け、できるだけ通気のよい場所に保管してください。
取扱方法 水洗いはできません。クリーニングは皮革製品を取り扱っているクリーニング店へご相談ください。
汚れを落とす際は革製衣類用のクリーナーなどをご使用ください。
保管の際は、温度・湿度の高い場所や強い光が当たる場所を避け、通気をよくして、シワにならないようにして形を整えて保管してください。
革の乾燥状態が続くと、かさつきやひび割れの原因になります。感想を防ぐために定期的にクリームやオイルで油分を補充してください。
その他 ブラックの入荷は10月下旬を予定しております。
生産地 バングラデシュ

USER REVIEW

Matou Leather Coat

マトウ レザー コート

¥148,500(税込)

COLOR

  • MA19-ブラック / M
  • MA67-カーキ / M
  • ブラック
    M / 在庫あり
  • カーキ
    M / 在庫あり
Matou Leather Coat
¥148,500 (税込)

COLOR

  • MA19-ブラック / M

    ブラック

  • MA67-カーキ / M

    カーキ

ブラック
ブラック/M
カーキ
カーキ/M
詳細を表示する
ERIKO'S POINT

デザイナーの山口絵理子です。 作っている時のインスピレーションの原点やこだわりを ご紹介いたします。

【インスピレーション】

革と長く向き合ってきた自分が衣服を始めるようになって、絶対いつか革で服を作りたいと思っていました。 一番最初に挑戦すべきは、ERIKO YAMAGUCHIの一番人気アイテムだと思い、バングラデシュで職人たちと挑戦しました。

最初にサンプルを見せると「これはメンズ?レディース?ジャケットなの?コートなの?」 とクエスチョンマークがたくさんついた職人の顔が。。。
そして「これを僕たちが生産するの?え?どうやって?」と質問がエンドレス。

最高のバッグ職人であるモルシェドに「きっとできるよ!」と満面の笑みを浮かべながら、 これまでのコットンのMatouコートをじっくり観察するように伝えました。
それからパタンナーの後藤さんが送ってくれたパターンと睨めっこして数日。

「今日から始めるよ。」と彼はゆっくり革を裁断し、バッグの何倍も時間をかけてMATOUコートを作りました。
できた時にはLINEで連絡をくれるのですが、自分が着用した写真を送ってくれて、 その顔がなんとも誇らしいこと!!!それがこちらです!

【こだわり】

最もこだわったのは衣服用の革の開発で、1年ちょっとかかりました。
バングラデシュは衣服は主要産業ですが、みんなポリエステルなどで、革の衣服を作っている工場は皆無。 そのため、種類、なめし方、薄さ、ストレッチ感など全ての指標がない状態から開発がスタートしました。

私は「革の衣服は重い」という懸念があったので、最大限の軽さを追い求めましたが、 最初にできた革はシワのでき方に不満があり、再開発に。
次はしなやかにできましたがテカリが嫌で、マットさを改良。

そんなプロセスでようやくできた服向けの革。
きっと、革の衣服のイメージを覆す着心地になっているはずです。

【My styling】

ロングのコートもお気に入りですが、私は特にショート丈ブルゾンの"カーキ"が一押し。
下はワイドなパンツと合わせて。

Matou Leather Coat

¥148,500(税込)

ご利用いただける主な決済手段

あと払い(ペイディ)

各種クレジットカード、銀行振込、代金引換、あと払い、分割払いもご利用可能です。

詳しくはこちら

RECENT VIEW

SNS & MAIL MAGAZINE